氏名

木村貴好(きむら たかよし)


授業担当科目名

「幸福の科学基礎教学B」(オムニバス)

「自然と環境」

「数学の世界」(オムニバス)

「基礎生物B」

「植物生産学概論」

「昆虫学概論」

「基礎生物演習A」

「基礎生物演習B」

「産業技術実習A」

「園芸基礎実習A」

「園芸基礎実習B」

「産業技術入門実習」(植物工場)

「産業技術実習IV」

「基礎理工実験」(生物)

「アグリビジネスの栽培技術」(オムニバス)

「卒業研究」


研究分野と概要

「植物工場を用いた栽培試験」および「応用昆虫学」

HSU4階の植物工場及び試験圃場(20a)において、効果的な栽培技術の確立をテーマの一つとし、主に学生からの提案型で収量や成分等の比較試験を行っています。また、有用昆虫等の継代飼育を行い、その応用性を探究しています。











関わる未来研究プロジェクト名

  • Food Production Project
  • Energy Project

主な成果発表

  1. 木村貴好「Conogethes属同胞種の性フェロモンに関する化学生態学的研究」(博士論文)、筑波大学大学院農学研究科農林学専攻、2003年3月
  2. Kimura, T. & Honda, H 、Identification and possible functions of the hairpencil scent of the yellow peach moth, Conogethes punctiferalis (Guenee) (Lepidoptera: Pyralidae).  Applied Entomology and Zoology 34: 147-153 (1999)
  3. Kimura, T., Junko, S. & Honda, H 、Microstructure and pheromone producing function of male hair-pencils in the Yellow Peach Moth, Conogethes punctiferalis (Guenee) (Lepidoptera: Pyralidae).  Entomological Science 5(2): 237-247 (2002)
  4. 木村貴好「広域での白菜の委託栽培における植物保護の問題点」、報農会、「植物ハイビジョン―2005」、2005年
  5. 木村貴好「霊性の時代」の進化論を模索して(ユートピア学術賞優秀賞次点)、人間幸福学研究 Vol.IV No.4, 52-91. 2011年
  6. 黒川白雲、千田要一、伊藤淳、木村貴好:『人間とは何か―幸福の科学教学の新しい地平』.幸福の科学出版. 2014年
  7. 木村貴好:『スピリチュアル自然学概論』.幸福の科学出版.2017年

学職歴(略歴)

1994 筑波大学 第二学群 生物学類 卒業

1996 筑波大学大学院 環境科学研究科 環境科学専攻
           修士課程修了(修士)

2001 筑波大学大学院 農学研究科 農林学専攻 博士課程単位取得退学

2003 筑波大学 農学博士 取得

2000 有限会社茨城白菜栽培組合 入社

2006 有限会社クリアライズ 入社

2006 茨城県農業総合センター生物工学研究所流動研究員 入所

2008 幸福の科学 奉職 現在に至る

2015 HSU 未来産業学部 アソシエイト・プロフェッサー


所属学会

日本応用動物昆虫学会

日本生物環境工学会


その他、趣味特技等

ギター、繭・綿細工

Webサイト:「HSU近隣の生き物たち

       「今西錦司の世界」 「自然哲学の庵(過去作成サイト)





更新履歴

2017/1/24
サイトオープン